【激安航空券情報】プーケットまで往復2万円以下!いまタイへは香港経由がお得!!

 

現在、日本の空港からタイへの直行便は首都のバンコク行きだけです。そして、このバンコク便は競争も激しく、LCC大手のエアアジアの便もあることから、上手に買えば往復3万円程度で日本とバンコクを行き来することができます。

 

ありがたいですね!

 

一方で、プーケットやサムイ島、チェンマイなどのバンコク以外の都市へは、バンコクで乗り継ぐのが一般的なのです。しかし、どうせ乗り継ぐのであれば第3国で乗り継いでみては如何でしょうか?乗り継ぎ時間が長ければ空港の外に出れば良いし、時間がない場合でも第3国の空港を楽しむことができます。

 

この記事では、そんあ一風変わった、そして激安のタイ行き航空券をご紹介します。

 

*この記事は2019年10月16日に書いています。従って、航空券の料金もこの日に調べたものです。

 

プーケット

 
 

 

まずは検索条件から。


ルート:東京 ⇆ プーケット
出発日:2019年12月7日(土)
帰国日:2019年12月15日(日)


 

 

なんと東京から2万円を切るチケットを発見しました!

 

香港経由

 

まずは香港経由の激安チケット。

 

 

そうです、今の香港情勢の影響から(香港加油!)、最近は香港関連の航空券の価格が下がっているのです。

 

航空会社は、香港エクスプレスです。香港のフラッグキャリア「キャセイパシフィック航空」の子会社LCCなので安心感もありますね。乗り継ぎ時間は下記の通り。

 

 

帰りは9時間弱も乗り継ぎ時間があるので、香港市内で朝食を食べて街をブラブラする時間は十分にありますね(かなり早朝ですが)。

 

次に、親会社のキャセイパシフィック航空の場合です。

 

 

十分に安いですね。そして、乗り継ぎ時間は下記の通り。

 

 

さすがキャセイです。キャセイは乗り継ぎ時間が本当に短いので(アジア内の場合)、とっても有難いですね。

 

マレーシア経由

 

次にマレーシアの首都クアラルンプール経由。

 

5万円弱ですから十分に安いですね。そして、航空会社はマレーシアのナショナル・フラッグキャリアであるマレーシア航空。私の好きな航空会社の一つです。乗り継ぎは下記のような感じなので、市内に出る時間はなさそうですね。

 

 

 

チェンマイ

 

 

 

次に、タイの京都と言われる古都チェンマイです。検索条件は下記の通り。

 


ルート:東京 ⇆ チェンマイ
出発日:2019年12月7日(土)
帰国日:2019年12月15日(日)


 

 

香港経由

 

やはりチェンマイ行きも香港経由がお得ですね!まずは、香港エクスプレスから。

 

 

 

十分に香港を散策する時間がありますね(帰りの時間帯はキツイですが汗)。

 

そして、親会社のキャセイパシフィック。

 

 

 

さすがキャセイですね!

 

時間帯や荷物の預け入れ料金、機内食等を考慮すると、この金額の差であればキャセイでしょうかね?チェンマイ往復で5万円以下なら十分お得です。

 

 

航空券の値段は社会情勢の影響を受けやすいので、上手に探せばお得な航空券をゲットできる確率は高まります。香港の人たちは本当にお気の毒ですが、航空券購入に関しては現在は『香港経由』が一つのコツですね。キャセイパシフィック航空がとっても良い航空会社であるという点もメリットですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です