タイの首都バンコクでIELTS/ アイエルツを受ける

 

この記事では、バンコクでのIELTSの受け方について解説します。世界で最も通用度の高い英語試験であるIELTSを、バンコク留学中や、留学直後の『一番英語脳に近い状態』で受けてみては如何でしょうか?

タイでIELTSを受けられる都市

首都のバンコク以外にも、チェンマイ・プーケット・コンケーン・ハートヤイ等で受けることができます。但し、コンピューター形式が受けられるのは、まだバンコクだけのようです(2019年10月現在)

 

申し込み方法

① 従来のペーパー形式

基本的には日本と同じです。下記のリンクから申し込みができます。

shorturl.at/awEF5

② コンピューター形式

下記から申し込めます。というか、コンピューター形式の場合は、下記のリンクから世界中のどこの会場も予約することができます。

shorturl.at/mqs06

 

*料金はいずれも6,900バーツです。

 

バンコクの試験会場

① 従来のペーパー形式

ランドマーク・ホテル/ The Landmark Bangkokが会場です。BTSのナナ駅から徒歩3分程度のとっても便利な場所にあります。

 

筆記試験も、面接形式のスピーキングも、このホテルの中で行います(フロアは異なります)。また、下記を見て頂ければ分かりますが、筆記試験と同じ日の午後にスピーキング試験を受けられる設定もあります。とっても便利ですね!

 

 

② コンピューター形式

バンコク内に2箇所あります。いずれも、バンコクにあるブリティッシュ・カウンシルです。下記(2)のChamchuri Saureの方ではほぼ毎日受験することができますが、(1)のWestminsterの方が週末の限定された開催となります。

(1)Westminster International

 

(2) Chamchuri square

 

試験開始時間は、9時〜と13時〜のいずれかを選択することができます。また、スピーキング試験はペーパー形式と同様に試験管との面接形式です。

 

その他

下記は全てペーパー形式の場合のバンコクIELTSの特徴です。

ID(パスポート)の実物とコピーが一部必要です。コピーを忘れた場合は、有料(7バーツ)で試験会場でコピーしてくれます。

リスニングはスピーカーではなく、イヤホンを使用します。そのため、スピーカーのクオリティや席の位置により「聞こえにくい」という事態は発生しにくいでしょう。(実際に私は、以前イギリスでIELTSを受けた時に、一番後ろの席でスピーカーの音が小さくて聞こえにくいという経験をしています)

 

私は、日本とイギリスとフィリピンの3カ国でIELTSを受けたことがありますが、会場により多少のバラツキはあります。リスニング音源のクオリティや、照明の明るさ、冷房(暖房)の効き具合などがそうです。また、海外では時間通りに進まずに、試験開始が遅れるようなことも普通にあります。

なかなか100点満点の試験会場はないので、あれこれ言っても始まりませんし、一番重要なのはそんなことを全て吹き飛ばす鬼の集中力でしょう。是非、バンコク留学中にIELTSを受けて腕試しをしてみてください。特に地方に住んでおられる方の場合、わざわざ日本の大都市に受けに行くよりも、バンコクで受けてしまった方が圧倒的に効率的でしょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です