【タイ・バンコク英語留学】インターナショナルハウス体験談【費用は格安です】

インターナショナルハウスバンコク

バンコクに1週間の短期プチ英語留学に行きたいけど、費用はどれぐらいなのかなぁ?

 

という疑問に今回の記事ではお答えします。

 

以前の記事では『タイ・バンコク英語留学』についてのコストが格安であると言うことをお伝えしました。

【バンコク英語留学】驚異の1週間8万円〜 フィリピン留学よりもバンコク留学の方がお得です!

 

今回の記事では、実際に私が先週、『International House Bangkok(インターナショナルハウス バンコク)』に1週間の留学をしてきましたので費用の検証を中心にお伝えします。

 

✔️今回の留学

・留学期間:2019年10月7日〜10月11日(1週間)
・留学先:インターナショナル・ハウス・バンコク
・コース:GE15(1日3時間の授業:グループ3時間)
・出発地:セブ島
バンコク滞在先:学校から徒歩20分の格安ホテル /【マイ ホテル ヘリティ (My hotel herrity)】
・食事:ランチ・日本食、ディナー・タイ料理中心

 

1. 授業料

インターナショナルハウスバンコク

優しいタイ人スタッフが迎えてくれる、『インターナショナルハウス バンコク』。

 

インターナショナルハウスバンコク

このような新しいキレイな教室で授業が受けられます。

 

留学費用(1週間・15時間):約22,000円(6,300バーツ)

 

インターナショナルハウスバンコク

授業は1日3時間のグループ授業(2時間と1時間の2コマ)、1時間あたりは約1,500円。

私の今回の1週間のスケジュールはこのような感じでした。

 

インターナショナルハウスバンコク

グループ授業とはいえ、1時間1,500円という破格の安さでネイティブ講師の授業が受けられます。

イケメン講師が多かったので、女性の方にはそれだけで楽しいかも!?

 

インターナショナルハウスバンコク

インターナショナルハウスバンコク

上記の費用には下記の教科書

 

インターナショナルハウスバンコク

教科書のトピックスに合わせた問題集ももらえ、復習もやりやすいです。

 

インターナショナルハウスバンコク

ノート(ノートを持って行かなかったのでめっちゃ助かりました。)

 

教材費も費用に含まれています。

1週間という短期間であればコピーで済ませてしまう学校も多いところを、しっかり教科書を渡してくれるのがうれしいですね。

 

インターナショナルハウスバンコク

インターナショナルハウスバンコク

また、しっかり勉強したい人は午後の授業も追加で取れます。

しかし私が留学をしていた時は、午後の授業はめっきり生徒が減ります(笑)

勉強をしたい人は逆にチャンスですね!

 

2. 滞在ホテル

マイホテルヘリッテイ

【マイ ホテル ヘリティ (My hotel herrity)】

 

今回はあえて学校から少し遠い(BTSで1駅or2駅)、徒歩20分ぐらいの日本人がとても多い『プロンポン』エリアのホテルにしました。

私は徒歩で毎日学校に行きましたが、周りの景色を見ているのも楽しかったので、散歩程度にちょうど良い距離でした。(ほとんど日陰なのでそれほど暑くもありません。)

 

このホテルにした理由は

 

① 価格が安い

1泊800バーツ(1週間以上)約2,800円

=1週間(6泊)4,800バーツ(約16,800円)

※上記は直接ホテルに申し込んだ場合。アゴダで予約すると1泊3,000円ぐらい。

 

② 近くに日本食レストラン多数

特に日本食レストランのランチが800円ぐらいでオススメです!

キッチン新潟

『キッチン新潟』のハンバーグ定食:220バーツ(約780円)

とても大きく手作りというのがすぐわかる美味しいハンバーグでした!

これはバンコク留学中に食べに行く価値アリのランチです!

 

ニュー鳥波多

『ニュー鳥波多”』のとりそばセット:190バーツ(約680円)

味良し・量良し・価格良しの3拍子揃ったランチです。

 

バンコク伊勢

『伊勢』の生親子丼:248バーツ(約880バーツ)

海外で生の鶏肉(軽く周辺を茹でててある)、生卵が食べられるのは、本当に素晴らしいことです。バンコクであれば躊躇なく食べられるという安心感があります。

 

③ 近くに日本食材スーパー、パン屋さんがある

フジスーパー

ホテルから徒歩1〜2分のところに在住日本人御用達の日本食材スーパー『フジスーパー』があります。

生鮮食品から惣菜、お弁当、日用雑貨まで日本の製品を中心になんでも手に入りますが、自炊はしないのでお弁当や惣菜が重宝します。

 

フジスーパー

充実したお弁当、おにぎり売り場。

価格はだいたい日本のコンビニと同じぐらいです。価格は安いわけではありませんが、日本人向けの味と質が海外のスーパーで買えることが奇跡ですね。

1人で外で食べるよりホテルの部屋で食べたほうが、落ち着くなぁという人(私も)には最高の環境です!(屋台も確かに安いですが、こういう方法でも食費を抑えることができますね。)

 

カスタードナカムラ

ホテルのすぐ下には日本のパン屋さん『カスタードナカムラ』があります。

日本人以外のお客さんも多く、店内はいつも混んでいます。

売っているパンも日本にあるパン屋さんと全く同じ商品構成です。

ケーキ、プリンなども売っていて、私は滞在中、毎日通ってしまいました(笑)

 

カスタードナカムラ

カレーパンは30バーツ(約100円)

中にはたっぷりとカレーが入っていて良心的なカレーパンです。

大人気商品のため、回転が良いのでいつも買いに行く時は揚げたてで暖かい状態でした。

 

カスタードナカムラ

メンチカツ38バーツ(約130円)

これまた中はお肉がビッシリ、玉ねぎもいい感じに入っておりとても美味しく、ビールのお供にほぼ毎日買っていました(笑)

 

その他にもいろいろパンを買いましたがどれも美味しく、このパン屋さんを利用するために次回のバンコク滞在も『プロンポン駅』周辺にしようと思っているパン好きの私です。

 

④ 近くに大きめの公園がある

プロンポン公園

高層ビル群の中にある緑と水のある公園。普通の公園以上に癒されます。

 

ホテルから歩道橋を渡って反対側に行く必要がありますが、ほぼ目の前に大きめの公園があるのです。

高層ビルが立ち並ぶ大都市バンコク中心部にある貴重な憩いの場です。

学校に行く前に散歩するもよし、帰ってきて夕方に散歩するのもよし、生活のリズムが崩れがちな海外生活において貴重な場所ですね。

 

⑤ 駅近(徒歩1分)で大きなショッピングモールがあり

プロンポン駅

BTSプロンポン駅(学校の最寄駅より1or 2つ)の徒歩1分のところにホテルはあります。

 

プロンポン駅エムクオーティエ

駅の両側には駅直結で2つの大きなショッピングモールがあり、特にホテル側のモールは新しいく大きいので、オシャレなお店、カフェ、レストランが多数入っており、買い物をしなくても結構使えます。

 

どうですか??少し遠くても『プロンポン駅』周辺に泊まりたくなりましたか?

 

3. 航空券

今回私はセブ島から行ったのであまり参考にならないかもしれませんが

 

セブ〜マニラ〜バンコク(往復・LCC):約2万円

 

日本からも多数のLLCが就航しているので、うまく安いチケットが買えれば、往復3万円〜4万円で航空券は買えます。

 

4. 食事

ホテルのところでも書きましたが、日本食レストランでお得なランチを提供しているお店が多いので、ランチは日本食、ディナーはタイ料理中心にすると費用も抑えつつ、快適な食生活を送ることができると思います。(今回の私の滞在中の食事)

 

確かにフードコートやタイの屋台は安くて美味しいのですが、やはり毎食だと飽きてきますので、間に日本食など他の食事も入れたほうがより快適な食生活になることは間違えなしです。

 

プロンポンエムエムクォーティエ

フードコート・屋台でのタイ料理:1食 50バーツ(約180円)

 

銀座堂

日本食レストランでのランチ:1食230バーツ(約800円)

 

MKバンコク

日本食レストランなど普通のレストラン:1食600バーツ(約2,000円)

 

と何を食べるかにもよりますが、オススメの組み合わせ、ランチは日本食、ディナーはタイ料理で

 

1週間(6泊):2,000バーツ〜3,000バーツ(約7,000円〜10,000円)ぐらい

 

かなと思います。

 

トータルでは、お酒を飲む人と飲まない人と、観光に行く人と行かない人とでも差が出ると思いますが、1週間の留学費用の目安として

 

授業料:約22,000円+宿泊費:約20,000円+航空券:約40,000円+食費:約10,000円+その他:約10,000円=

 

約92,000円と日本での移動費なども考えて約10万円の予算

 

かなと思います。

 

ワットパクナム

あとはマッサージに行ったり、観光に行ったりするとお金を使いますが、せっかくのバンコクですので、マッサージや寺院などの観光、ナイトマーケットなどでのショッピングもぜひ楽しんでくださいね!

写真は最近、日本人にもインスタで大人気の寺院『ワットパクナム』です。

 

1週間10万円でネイティブから授業が受けられて、バンコクも楽しめるとしたら格安だと思いませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です