バンコク紀行(1)クアラルンプールからバンコクへ

 

またまたAirAsia

 

KLからバンコクまで、2時間10分
料金は片道日本円で 約4,200円

 

今回はたった2時間のフライトなので通常の席で我慢しましたが、PCで作業するには少しキツイですね(やはり狭い)。

 

さて、バンコクには2つの国際空港があります。

 

スワンナプーム空港とドンムアン空港。

 

スワンナプーム(地図右)が成田、ドンムアン(地図上)が羽田と考えて頂ければ理解は早いかと思います。

そして、AirAsiaが到着するのはドンムアンの方。

実はこちらの方が市内にも近く快適なんです。

 

ドンムアンに降り立ったのは、スワンナプームができた2006年以降初めて。

結構、胸熱でした

さて、ここでドンムアン空港 豆知識を2つ。

 

 

1つ目はwifi確保

税関を抜けると、左側に True moveという会社のカウンターがあります。

ここで、299バーツ(約1,100円)のツーリストSIMを購入します。

1週間 1.5ギガまで使えます。

 

スマホとパスポートを渡せば、タイ人のスタッフがSIMカードの差し込みから設定まで全部やってくれます。

スタッフは7人くらいいました。

P国とは違って、雑談もせずにみんな黙々と作業します。

もう好感度抜群ですね。P国から来た人にとっては奇跡の光景です。

 

こうしてスマホで現地のネットに接続し、デザリングでPCもネット接続。

※デザリングとは、スマホをルーター代わりに使ってネットに接続すること

スピードや安定感も、P国より断然上です。

こうして、約1,100円で良好なネット環境を確保できました。

 

 

実は、私はバンコクに10日間滞在するので10日間使えるSIMはないか?と聞いたところ、

答えは

 

You can top up (トップアップ)

 

トップアップ

 

意味は、

日本では「チャージ」。
P国では「ロード」。

 

「トップアップ」とはイギリス英語です。

日本人が初めて聞いたら、きっと意味がわからないと思います。
(私もイギリスに行くまで知りませんでした)

 

ちなみに、マレーシアではP国と同じくload(ロード)という言葉が使われていました。

 

 

次にタクシー

税関を抜けて左の方へ歩いていけば、タクシー乗り場があります。

そこで行先を告げると伝票のようなものを発行してくれ、運転手が自分のタクシーまで連れて行ってくれます。

 

料金は、メーター+50バーツ(185円)

 

ボッタクリ無しの明朗会計です。

参考までに、ドンムアンから市内のホイクワンまでは141バーツ(約520円)でした。

 

バンコクのタクシー初乗りは 35バーツ(約130円)。
P国の40ペソ(約110円)よりやや高い程度です。

 

車内もバンコクのタクシーの方が広くて快適です。

 

 

こうしてストレスなくバンコクの友人宅まで到着。

次回以降、バンコクについて書きます。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です