【タイ語講座】タイ留学中に使える基本タイ語(3)レストラン編2

 

サバイ・ディー・マイ・クラッ(プ)?

 

さて、今回もレストラン編の続きです。

 

1. 辛くしないで下さい。

 


タム・マイ・ペッ(ト)・ダイマイ・K?

 

タイ料理は辛いので、このフレーズはきっと重宝すると思います。「辛くしないで下さい」と言っても十分辛いので、不安な人は毎回こう言ってみては如何でしょうか?私は毎回使ってます。

 


タム:作る、料理する
マイ:否定を意味します。英語のnotに相当します。
ペッ(ト):辛い。
ダイマイ:〜できますか?英語のCan you〜に相当します。

 

1. ペッ(ト)「辛い」の反対の「甘い」はワーンです。ペッ(ト)は最後のトをギリギリで言わない感じで発音して下さい。日本人にはペッと聞こえますが。。

2. マイは次に続く単語に否定の意味を加えます。マイ+ペッ(ト)で「辛くない」です。文末に付け加えるマイは疑問文を意味しますので、混同しないようにしましょう。まあ、使っていれば慣れますよ。

3. 文末のダイマイ・Kは「〜できますか?」の定番フレーズなので、どんどん使って自分のものにして下さいね。これを言うとOKの場合はダーイ、無理な場合はマイダーイという返事が帰ってきます。

 

2. パクチーを入れないで下さい。

 


マイ・サイ・パクチー・K?

 

これも使用頻度の高いフレーズですね。

 


マイ:これは否定のマイです。
サイ:入れる

 

1.パクチーはそのまんま発音して通じます。

2.自分の苦手なものをパクチーのところに入れて練習しておきましょう。幾つか野菜を紹介すると、長ネギはトンホーム、玉ねぎはフアホーム、キューリはテンクワー、トマトはマクアテート、ナスはマクア

 

3. カオマンガイを注文したけど、まだ来てません?

 

サン(グ)・カオマンガーイ・レーウ

ヤン・マイ・ダイ・K?

 


サン(グ):注文する
レーウ:既に。英語のalreadyに相当します。
ヤン:まだ。英語のyetに相当します。
ダイ:得る、手に入れる。英語のgetに相当します。

 

1.ヤン・マイ・ダイ・Kの直訳は、「まだ手に入れていません」ですので、他のシーンでも使えますね。「まだ仕事ないんだ」は、ヤン・マイ・ダイ・タムガーンタムガーンで「仕事、働く」を意味します。

 

4. お会計お願いします。

 


キッ(ト)・ングン・ドゥアイ・K

 


キッ(ト):考える、計算する。
ングン:お金
ドゥアイ:何かをお願いしたい時に文末につけます。

 

これ以外にも、チェックビン・ドゥアイ・Kや、ゲッタン・ドゥアイ・Kも使えます。

 

5. 日本のビールありますか。

 


ミー・ビア・イープン・マイ・K

 


ミー:ある。英語のhaveに相当します。
ビア:ビール
イープン:日本、日本の、
マイ:疑問のマイ

 

1. ミー・〜・マイ・Kで、「〜はありますか?」の意味。英語のDo you hane〜に相当します。とても便利なフレーズなので是非覚えて使って下さい。

2. Japan, Japaneseは、イープンです。「日本人」はコン・イープン、「日本語」はパーサ・イープンと言います。

 

 

それでは、今日はこの辺で!毎回、皆さんが消化できる程度の分量を少しずつやっていきましょう。

それでは、皆さん、ジューガン・プルンニー(また明日)!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です